社会保険労務士試験の難易度

社会保険労務士の報酬や年収を考える前に、みなさんが乗り越えなければならないのは、社会保険労務士試験という高いハードルです。その難易度もみなさんが気になる大きなポイントではないでしょうか。

社会保険労務士に限らず、資格試験の範囲度を計るうえでもっとも明確なのが試験の合格率です。直近5回の社会保険労務士試験を振り返ってみます。

社会保険労務士試験・過去5年の合格率

 

申込者数

受験者数

合格者数

合格率

平成27年

52,612人

40,712人

1,051人

2.6%

平成26年

57,199人

44,546人

4,156人

9.3%

平成25年

63,640人

49,292人

2,666人

5.4%

平成24年

66,782人

51,960人

3,650人

7.0%

平成23年

67,662人

53,392人

3,855人

7.2%

上記5回の平均合格率は約7%と、受験者数の1割にも満たないことがわかります。とはいえ、受験者の中にはお試しや記念で受験する合格レベルにない人も多く、気にすべきは合格率よりもいかに自身の学力を合格レベルに高めるか、ということ。上記の合格率はあくまで目安程度に考えるべきかと思います。

受験には解決できない学歴という障壁も

社会保険労務士試験において、もっとも難易度の高さを感じるのは、出題範囲の広さはもちろん、全8科目すべてに合格基準点が設けられているということ。

つまり、全科目で合格基準点をクリアするレベルにまで学力を上げて挑む必要があるのです。私的には合格率よりも、よほどこちらの条件の方がプレッシャーに感じましたが、みなさんはどう考えるでしょうか。

また、試験内容における難易度ではありませんが、努力ではいかんともしがたい障壁に社会保険労務士試験の受験資格が存在します。

社会保険労務士試験を受験するためには、『短大か高等専門学校の卒業以上、大学にて62単位以上を修得済みの者』等の受験資格が設けられていて、その条件を満たさない限り、社会保険労務士試験を受験することは不可能です。

合格率が1割未満であるとか、各科目に合格基準点が設けられているというのは、自身が頑張って学習を積み重ねれば克服できる問題ですが、受験資格に学歴を問われるとなれば、すでに社会人の方には解決のしようもありません。

社会保険労務士試験への受験を決意する前には必ず自身に受験資格があるかどうかを確認して下さい。資格予備校へ高額な受講料を払い込んだ後に、自身に受験資格が無いことを知るなどということがないよう、注意が必要です!

<< 前のページ次のページ >>